010
特別保存 白鞘入 於東都長寿斉綱俊精鍛
文永二年二月日 長運斉是俊焼

刀-010 於東都長寿斉綱俊精鍛 文久二年二月日長運斉是俊焼

送料無料販売価格:売却済み

刃長:74.3cm 反り:1.6cm 目釘穴:1個 時代:江戸期
元幅:3.2cm 先幅:2.3cm 元重:0.8cm 先重:0.55cm
地鉄:小杢目 刃紋:丁字乱れ 彫物:表は掻樋、裏は二本樋掻き通し
その他:掻き樋・二本樋、掻通し、父長寿斉、子長運斉合作名は珍、特保、拵付

出羽米沢住、のち江戸に出て鍛刀、珍しい親子の合作です。銘は是俊が切った物のようです。
2尺4寸の超刀です。加藤姓を切った銘もあります。
加藤八郎と称し号えを長寿斉、文政六年に江戸麻布に移り、安政元年頃、長運斉を倅の是俊に譲り、長寿斉と改。文久三年六十六歳にて没しました。

商品に関するお問い合わせはこちらから

刀-010 於東都長寿斉綱俊精鍛 文久二年二月日長運斉是俊焼

商品に関するお問い合わせはこちらから