011
特別保存 拵付 備前伝 石堂藤原是一精鍛

刀-011 石堂藤原是一精鍛

送料無料販売価格:売却済み

刃長:77.6cm 反り:1.5cm 目釘穴:2個 時代:江戸期
元幅:3.15cm 先幅:2.15cm 元重:0.9cm 先重:0.55cm
刃紋:互の目乱れ 彫物:表裏に棒樋を掻通し
その他:江戸石堂の七代、特保、拵付

羽州米沢石堂刃の巨匠、七代。兼光風の作品を多く残し、運寿、竜泉斉などと称す。
長運斉綱俊の甥といわれています。
重要刀剣候補刀。白鞘書は、日本刀剣保存会の初代会長 吉川皎園氏のものです。

商品に関するお問い合わせはこちらから

刀-011 石堂藤原是一精鍛

商品に関するお問い合わせはこちらから