015
大:山城守秀辰(寛文新刀) 赤穂浅野家々紋入
小 無名(新々刀)

刀-015 大:山城守秀辰 小:無銘

送料無料販売価格:100万円

大:山城守秀辰(寛文新刀)
刃長:58.2cm 反り:1.2cm 目釘穴:1個 時代:江戸初期
元幅:2.9cm 先幅:- 元重:0.7cm 先重:-
地鉄:- 刃紋:互の目
小:無名(新々刀)
刃長:45.3cm 反り:1.0cm 目釘穴:1個 時代:江戸初期
元幅:2.7cm 先幅:- 元重:0.6cm 先重:-
地鉄:- 刃紋:互の目
その他:縁金具と鞘に家紋、目貫に金無垢、未審査、拵付

刀身 大刀 山城守秀辰は寛永頃の新刀業物です。
本国は美濃、政常の門人です。健全な出来の良い脇です。
小は新々刀の山城物と思われます。
大小共に脇である理由は、武家でない家系からの出品でした。
秀辰は二代だと思われます。
外装の縁と鞘には、播州赤穂 浅野家の違い鷹のの羽の家紋散らしです。
江戸時代の鷹の羽家紋には意味があったようです。

商品に関するお問い合わせはこちらから

刀-015 大:山城守秀辰 小:無銘

商品に関するお問い合わせはこちらから