071
平成審査の重要刀剣 大和派の当麻 拵付

刀-071 重要刀剣 大和派の当麻

送料無料販売価格:売却済み

刃長:71.2cm 反り:2.05cm 目釘穴:3個 時代:鎌倉時代
元幅:2.83cm 先幅:2.05cm 元重:0.7cm 先重:-
その他:表裏に棒樋と添樋を掻き流す、大磨上、重要刀剣、拵付

大和五派の1つである当麻派は国行を祖として、鎌倉時代後期より南北朝期にかけて繁栄している。

銘鑑等では一派の幾多の刀工名を挙げているが、現存する在銘作は僅少で多くは無名極めである。本阿弥家などによる古極めの中には、地刃の沸が目立って強く、地影・金節を織り成した相州気質の混在したものがみられ、数少ない有銘作の作風とは相違があるが、おそらく往時これに類する有銘作が存在したものと推察される。

この刀は板目に流れ肌の混じった鍛えを呈し、直刃を焼いてほつれ、二重刃等が見られ、また帽子にもほつれがかかるなど、大和気質が示されているが、地沸が厚くつき、地影のよくはいった鍛えや、刃沸が厚く付つき、金筋・砂流し等の働きに妙味があるなど、相州伝の色彩も加味しており、当麻と鑑せられるものである。

保存状態も良好で同派極めの佳品である。

刀拵は龍の一作です。目貫は大龍の金無垢です。

商品に関するお問い合わせはこちらから

刀-071 重要刀剣 大和派の当麻

商品に関するお問い合わせはこちらから