080
古刀 伝三原  大磨上切付銘有り周防、安政、保存鑑定

刀-080 古刀 伝三原  大磨上切付銘有り周防、安政、保存鑑定

送料無料販売価格:売却済

法量 長さ60.2cm(2尺弱)反り1.3cm 穴1 元幅2.7cm 先幅1.8cm 元重0.65cm

形状 鎬造リ、庵棟、反り浅く小切先

地肌 小杢目,柾交じり

刃紋 直刃調で匂い締まり足入り

彫物 棒樋丸留め

大磨上げであるが,毛利家の家臣か周防、安政と切付銘が確認出来ます。

備中物の中で、鎌倉末期から南北朝まで古三原、室町期を末三原と分類されており、この刀は応永頃の作かと思われます。幕末の安政時代に萩藩で磨上られた事が解ります

維新最中です2回磨上げて居ます。長さから婦女子か少年用だったのでしょう

直刃の美しい出来です。原行の尺貫法で登録証は刀、鑑定書は脇となつています。

刀剣女子の最高の条件です。

商品に関するお問い合わせはこちらから

刀-080 古刀 伝三原  大磨上切付銘有り周防、安政、保存鑑定

商品に関するお問い合わせはこちらから