084
筑州住宗正光作之   昭和四十八年十月吉日  拵入り

刀-084 筑州住宗正光作之   昭和四十八年十月吉日  拵入り

送料無料販売価格:売却済み

法量 長さ71.6cm 反り1.4cm 穴1 元幅3.3cm 先幅2.6cm 元重0.7cm

鎬造り ぼうし中切先乱れ込み尖り風

小板目、小杢交じり肌、刃紋は互の目乱れ匂い深く小沸が厚く付き匂口の冴えた鍛えは小板目がよく詰み冴えた地鉄となる。新刀期の法成寺や兼重に似た刃紋を見る。

栗尻切ヤスリ、横一切ヤスリ、鞘払い重量1.2kg

拵え 鞘塗黒呂

時代物大鍔 真鍮象嵌 「カニ」の図

柄前 縁、素赤、頭水牛の金具、正絹黒糸巻、柄長27cm8寸9分

愛刀家の注文鍛品です。新品同様の感有。福岡市山王町 明治38年生、宗勉の父、小宮四郎国光の門

商品に関するお問い合わせはこちらから

刀-084 筑州住宗正光作之   昭和四十八年十月吉日  拵入り

商品に関するお問い合わせはこちらから