086
福岡住宗昌親作  平成三年初春   白鞘入り

刀-086 福岡住宗昌親作  平成三年初春   白鞘入り

送料無料販売価格:95万円

法量 長さ76.1cm 反り1.6cm 穴1 元幅3.2cm 先幅2.4cm 元重0.7cm

鎬造り ぼうし直ぐに入り小丸に返る

地肌 良くつんだ無地風に小木目交じる、大乱れ(濤乱)互の目乱れに焼だしが付助広系刃紋である。江戸初期の大阪新刀津田越前守助広の写しである、親子共この作品で無鑑査となり、見事な出来である。匂深く小沸が厚くつき匂口も冴え打ち寄せる大波を形どったと言われる刃紋です。鑑賞刀として仲間にお入れください。

茎は栗尻、横一ヤスリ  刀身重量800g

福岡市山王町 宗 勉の子。親子無鑑査の刀匠です。

商品に関するお問い合わせはこちらから

刀-086 福岡住宗昌親作  平成三年初春   白鞘入り

商品に関するお問い合わせはこちらから