090
長幸於摂津国作之  白鞘付 鑑定書未審査

刀-090 長幸於摂津国作之  白鞘付 鑑定書未審査

送料無料販売価格:売却済み

法量 長さ69.8cm 反り2.1cm 穴1 元幅3.2cm 先幅2.2cm 元重0.78cm

形状 鎬作、庵棟、元先の幅差あまりなく、重ね厚く、反り深くつき、中鋒。

小板目肌に小杢目交り、細かに無地風にもみえ、地沸厚めにつき。

刃紋 逆がかった互の目、尖り互の目など交えて乱れ足深く入り所々に丸い飛び焼きを交え小沸が良くつき、深めに湯走りを交える。大阪新刀焼き出し10cm。

鋩子 直に入り小丸に返る

栗尻、大筋違化粧鐻彫物 表裏に棒樋を掻き流す

大阪新刀上々刀、大業物、大阪石堂の名がこの刀の銘は、天和、貞亨頃の銘に似ています。作品の初期は、新刀横山祐定ような、晩年は丁子刀を主とし、古作の一文字を模写しており、初代助広、備中康広、備中康広。一峯、光平等類似工として上げられます。最近はまず入手不可能です。

商品に関するお問い合わせはこちらから

刀-090 長幸於摂津国作之  白鞘付 鑑定書未審査

商品に関するお問い合わせはこちらから