094
鍛下し 肥後国住赤松太郎兼嗣 平成二十九年初春

刀-094 鍛下し 肥後国住赤松太郎兼嗣 平成二十九年初春

送料無料販売価格:売却済

法量 長さ76.1cm 反り1.9cm 穴1 元幅3.45cm 先幅2.65cm 元重0.75cm

形状 鎬造、庵棟身幅広く元先の幅幾分付き重ね厚く中鋒

無地風で良く鍛えられ地沸刃沸刃良くつく

刃紋 助広系の大乱れの互の目、地景付き沸出来。大阪新刀焼出

鋩子 焼き深く掃掛ける

栗尻筋違い勝手下がり鑢彫物 なし 刀身重量 995g

兼嗣刀匠二十九年初の鍛え下ろし刀です
拵え  柄巻  正絹(紺色) 鞘 黒呂
縁頭  鉄地 現代 波の図
鍔   現代鍔匠 赤銅透かし 在銘

商品に関するお問い合わせはこちらから

刀-094 鍛下し 肥後国住赤松太郎兼嗣 平成二十九年初春

商品に関するお問い合わせはこちらから