096
特別保存 肥前国住近江大掾藤原忠広 二代 生ぶ拵付
昭和26年福岡県登録です 下取り相談にも応じます。

特別保存 肥前国住近江大掾藤原忠広 二代 生ぶ拵付

送料無料販売価格:在庫中

法量 長さ2尺4寸 反り6分 穴1 元幅3.15cm 先幅2.15cm 元重0.75cm

形状 鎬造、庵棟、身幅、重ね尋常、反りややつく 中鋒

板目細かく梨子地肌地沸つく

刃紋 互の目乱れ足入り

鋩子 直ぐに入り掃き掛け、返り浅し

鑢 横一切 太刀銘彫物 なし

肥前刀の大御所 初代、二代、三代の中の二代目忠広です、現存する江戸初期の新刀の中で重要刀剣になつて居る数が一番多いのが此の二代忠広と言われています。八十歳迄、六十年作刀歴が有りますので多く残つて居たと云ふ事もあります。外装は半太刀拵ですが、生です、特別保存刀装具も見込めます。金具は総て鉄地ですが、鍔と小柄は二所物、雲の図です、鞘は印籠刻み皮被せ金漆塗り色絵柄です。

商品に関するお問い合わせはこちらから

特別保存 肥前国住近江大掾藤原忠広 二代 生ぶ拵付

商品に関するお問い合わせはこちらから