100
出羽大掾藤原国路造 越前大掾藤原国次造 寛永四年四月十七日 特別保存鑑定書 付

出羽大掾藤原国路造 越前大掾藤原国次造 寛永四年四月十七日 特別保存鑑定書 付

送料無料販売価格:195万円

法量 長さ2尺3寸5分 反り5分 穴2 元幅2.85cm 先幅1.85cm 元重0.7cm

形状 鎬造、庵棟、身幅、重、やや細め、中峰

小板目肌に詰み心、地沸つく

刃紋 直ぐのたれ、樋の部分はのたれ、彫の部分は直刃、
匂口締まりごころに小沸良くつく 刃縁ところ所ほつれ、砂流しかかる。

鋩子 焼詰

丸栗尻

彫物 差表 蓮台に独鈷付剣先に梵字
裏  蓮台に毘沙門剣に旗鉾
表裏に棒樋、添樋(上半分)

堀川国広門下の俊鋭、新刀初期の巨匠、出羽大掾国路と越前大掾国次の寛永年期入合作です。国路の彫物入は生彫です、国次は国路の息子と言われ、山城、越前、肥後にも住み、作風も堀川物に似て居ます、書体も父国路と似ている所から親子だと言われています。国次の寛永四年の年期は貴重です。余談ですが京都の祇園祭の山鉾巡行の先頭山鉾山車の長刀鉾には国路銘が刻まれて居ます、八坂神社には二振りの大太刀が奉納されているのを拝見した事があります。京都にゆかりの深い刀です。

商品に関するお問い合わせはこちらから

出羽大掾藤原国路造 越前大掾藤原国次造 寛永四年四月十七日 特別保存鑑定書 付

商品に関するお問い合わせはこちらから