30-1
重要刀剣(昭和57年)伝 手掻包永 2尺3寸2分 本阿弥日州、鞘書 葵家紋 拵付

重要刀剣(昭和57年)伝 手掻包永 2尺3寸2分 本阿弥白河、鞘書 葵家紋 拵付

送料無料販売価格:売却済み

法量 長さ70.4cm 反り1.3cm 穴3 元幅2.9cm 先幅2.0cm 元重ね0.72cm

形状 鎬造、庵棟、鎬高く鎬幅広く、反り浅い

小板目に小杢目交じり刃寄りに流れ地沸つく

刃紋 直刃かすかにのたれ交じり、ほつれかかり、小沸つき喰違刃ごころ

鋩子 焼き詰め風、僅かに返り掃きかけかかる

大磨上 先切 ヤスリ目切 目釘穴3ケ中1埋 彫物 なし

説明大磨上無銘であるが、手掻派の作と伝えられるものです。鎌倉中期を祖として、 室町時代迄、連綿と続いた大和物の大きな流派です。鎬が高く直刃を
焼き、ほつれ、喰違刃、地沸が良くつき、手掻物の特色をよくあらはしています。
人間国宝本阿弥日州氏が昭和五五年に手捺包永と認め難書し、昭和
五七年に重要刀剣となったものです。
拵は時代が少し下がると思われますが、目貫、小柄、竿は葵家紋、七七子地、
鍔は、は献上鍔、鞘は金梨地に葵家紋散しです。

商品に関するお問い合わせはこちらから

重要刀剣(昭和57年)伝 手掻包永 2尺3寸2分 本阿弥白河、鞘書 葵家紋 拵付

商品に関するお問い合わせはこちらから