太刀
006
伝 加州勝家(大磨上無銘) 白鞘入り 室町中期 保存鑑定付

太刀-006 伝 加州勝家 (大磨上無銘)室町中期 陀羅尼派の祖 保存鑑定付

送料無料販売価格:75万円

法量 長さ71.1cm反り2.3cm穴2 元幅2.75cm先幅2.0cm元重0.59cm

形状 鎬造、庵棟、身幅やや細く中鋒のびる

板目肌に杢交じり、柾目肌有り、鳥居反りに近い

刃紋 直刃の匂い締まり相州風の小互の目交じる

鋩子 直ぐに入り先掃き掛けごころ小丸

大磨上一文字切彫物 なし

説明加州勝家は陀羅尼派の祖と言われ室町中期享徳から元亀までつずきます
越前千代鶴派との関係うかがえます。
文献上では初代から五代迄続ずきますが何れも秀作です。
特徴のある黒い地肌、小互の目ががる刃紋など特徴を良く表しています。
拵えの縁頭には美濃の良い物が付いています。

商品に関するお問い合わせはこちらから

太刀-006 伝 国宗 (大磨上)越中宇多系 室町初期 鑑定未審査

商品に関するお問い合わせはこちらから