太刀
007
伝 国行 (大磨上)山城来系 鎌倉中期 拵付 鑑定未審査

太刀-007 伝 国行 (大磨上)山城来系 鎌倉中期 拵付 鑑定未審査

送料無料販売価格:11月審査中

法量 長さ65.8cm反り1.8cm穴3 元幅2.62cm先幅1.5cm元重0.59cm

形状 鎬造、庵棟、身幅細く猪首切先となる

大肌が現れ軟らかい地鉄に小沸が所々につき、弱い心鉄が混じる。

刃紋 直刃仕立の小丁字乱れで、先に行くにつれて寂しくなる。

鋩子 直ぐに入り焼詰

大磨上栗尻彫物 なし

京山城系の刀です、11月の日刀保審査に出す予定です。
鎌倉中期の来国行、国俊に多い猪首切先です。
物打ち当たりの刃も十分あります、出世する刀です。
来国行、国俊、国次は鎌倉中期,建長頃を祖に国光、了戒、信国と
室町時代までつずきます、正宗十哲、中島来、鎌倉来、淡路来、中堂来は同系です。
審査前にも御相談に応じます。

商品に関するお問い合わせはこちらから

太刀-007 伝 国行 (大磨上)山城来系 鎌倉中期 拵付 鑑定未審査

商品に関するお問い合わせはこちらから