脇差
032
銘 助宗(島田) 平造り 保存鑑定 白鞘入

脇差-032 銘 助宗(島田)

送料無料販売価格:売却済み

刃長:36cm 反り:0.5cm 目釘穴:2個 時代:室町期
元幅:3.75cm 先幅:- 元重:0.5cm 先重:-
地鉄:小板目肌 刃紋:丁字小乱れ
その他:保存鑑定付、平造り、白鞘入

古研ぎ状態のままです、蓮台に草の倶利加羅の彫り物あとが残っています。

助宗と言えばまず一文字助宗とゆわれますが、次に島田助宗で有り太刀の場合は別として脇差、短刀は島田助宗と知ることは間違いないと言われています。

初代は永正義助の、おとおとで天文頃の人、五条久左衛門と言われ業物です。

昭和五十四年の寒山博士の鞘書があります。

商品に関するお問い合わせはこちらから

脇差-032 銘 助宗(島田)

商品に関するお問い合わせはこちらから