脇差
036
左文字一門 (平戸左) 保存鑑定

脇差-036 左文字一門 (平戸左) 保存鑑定

送料無料販売価格:売却済み

長さ:37.1cm 反り:1.4cm 目釘穴:3個 元幅:2.84cm
元重:0.65cm
その他:刃紋 小互の目丁字乱れ、鵜の首造り

鞘書きは昭和16年の本阿弥光孫の大左門人の貞吉です、審査の結果は平戸左と鑑定されました。大左は正宗十哲の一人で南北朝初期、その門人を末左と呼ばれ平戸左、大石左、長州左と呼ばれています。地刃の明るく冴えた相州伝の作風を大成し、同時にその一門刀工達も師風を受け継ぎ大いに栄えました。

昔は折り紙が付いて居たのかもしれません、

此の軍装は旧日本陸軍戦車隊の遺品です。

左文字の在銘は希で残つているものは殆ど無銘短刀です。

商品に関するお問い合わせはこちらから

脇差-036 左文字一門 (平戸左) 保存鑑定

商品に関するお問い合わせはこちらから