脇差
038
  越前住国網  寛文新刀

脇差-038 越前住国網 寛文新刀

送料無料販売価格:30万円

法量 長さ44.9㎝ 反り1.1㎝ 穴1 元幅28.5㎝ 先幅1.9㎝ 元重0.65㎝

形状 鎬造 庵棟 身幅尋常(元先の幅良し)中鋒

小板目肌に小柾目交じる地沸つき冴える

刃紋 頭の丸い互の目に直刃を交え沸よくつく

鋩子 掃き掛け風に大丸に返る

刃上り小尻化粧筋鑢、加州茎尻彫物 なし

越前下坂派の一派、多兵衛尉相模守藤原国網と切った物と見られます。江戸でも鍛えて居ますが、資料の少ない刀工です。藤代義雄の日本刀工辛典では中作です。外装は高級感があふれ、鞘は緑系の「つい朱塗り」で柄は衛府太刀造りの出し鮫。鐔は鉄地透しの蔓草花金象眠散しの美しい物です。京都、祇園祭の山車の縄切の儀式に使はれていた刀のようです。

商品に関するお問い合わせはこちらから

脇差-038 越前住国網 寛文新刀

商品に関するお問い合わせはこちらから