脇差
041
備州長船則光 文明八年二月日 生ぶ拵え 特別保存鑑定書 付

備州長船則光 文明八年二月日 生ぶ拵え 特別保存鑑定書 付

送料無料販売価格:66万円

法量 長さ1尺5寸8分 反り4分 穴3 元幅2.9cm 元重0.75cm

形状 菖蒲造り(横手がなく鎬造、鎌倉期から室町期にかけ脇,短刀に流行る)

小板目肌に小杢目交じり

刃紋 腰開互の目(花弁互の目)匂い沸、さかんに地肌に付き沸出来の刃紋 刃淵掃け湯走り砂走り崩れる

鋩子 差し表切先近く掃き掛けて金筋が入る

特徴ある備前茎 彫物 なし

寛西則光が四,五代、文明則光が六代と言われています。則光の時代は応永備前と末備前の間をつなぐ過渡期であり上手な刀匠は 優作と見られており、天正まで下がると中作とされています。優,秀、良、中、並、五段階評価で応永から寛西、文明頃迄は優の位置にあります。この文明則光も優の評価です。出来の良い貴重な一振りです。拵えに付いて明治時代の大名家売立№札がついたままで生ぶ品です。縁頭、鍔、目貫、小柄、こじり、は四分一金具の一作です。鞘塗りは茶石目です。

商品に関するお問い合わせはこちらから

備州長船則光 文明八年二月日 生ぶ拵え 特別保存鑑定書 付

商品に関するお問い合わせはこちらから