31-03
銘 筑後守国房 2尺2寸 太刀外01 銘 梶川 文龍斎 江戸期 蒔絵匠

刀31-03 銘 筑後守国房 2尺2寸 太刀外01 銘 梶川 文龍斎 江戸期 蒔絵匠

送料無料販売価格:お問い合わせ

法量 長さ66.2cm 反り1.4cm 穴1 元幅3.1cm 先幅2.2cm 元重0.65cm

形状 鎬造、庵棟、身幅尋常、反り深く太刀姿、中鋒

良く詰んだ無地風肌に地沸微塵に厚くつく

刃紋 互の目丁字乱れ

鋩子 直ぐに入り先に行き掃き掛け風になり返り深し

大筋違い鑢、薬研尻 穴1 漢字五文字を打つ彫物 無し

説明 総真鍮金具金梨地三つ引家紋入 竹林 蝶 蜻蛉の蒔絵 全長 94cm
江戸期最後の太刀造りです、総真鍮造唐草模様、 こじり共突兵造りです、
江戸末期幕府は海軍はイギリスに陸軍はフランス式を導入、
軍刀も例外ではなく太刀の下げ金具も二箇所が一箇所に 変化して行きました
私も彦根藩井伊家の物を見た事があります、多くは造る時間が無かつたのです。

商品に関するお問い合わせはこちらから

刀31-03 銘 筑後守国房 2尺2寸 太刀外01 銘 梶川 文龍斎 江戸期 蒔絵匠

商品に関するお問い合わせはこちらから