太刀
31-01
総白銀造兵庫鎖太刀拵入 木瓜家紋散  刀身
菊紋 山城守現国道 二尺四寸

太刀31-01 総白銀造兵庫鎖太刀拵入 木瓜家紋散  刀身  菊紋 山城守現国道 二尺四寸

送料無料販売価格:お問合わせ

法量 長さ2尺4寸2分 反り1.2㎝ 穴1 元幅3.15㎝ 先幅2.2㎝ 元重0.65㎝

形状 鎬造、庵棟、身幅尋常 表裏に樋を掻き流す

板目肌に杢目肌交じり埋金あと数か所有り

刃紋 直調のたれ沸、匂、刃縁にかかり明るく冴える

鋩子 直ぐのたれに入り鋭く返る

菊紋に 山 城 守 国  道と読める 丸尻彫物 無し

説明 太刀拵え 江戸末期の作かと思われます、鞘及び目貫、下げ太鼓には
木瓜家紋入り 全長118cm 柄長30cm 鞘長88cm
江戸初期、元禄頃の人、伊予国の住人、文献によると
出羽大掾国路の初期銘と書いたものもあります、
山城の住人で菊紋を切つた国道で伊予にも住むとあり、同人と思われます。

商品に関するお問い合わせはこちらから